化粧品の使用期限と、化粧品と長く付き合うコツ

 

せっかく肌に合っている化粧品も、扱い方次第で効果は半減どころか、シミや湿疹などのトラブルの原因になってしまいます。
なので化粧品は正しい保管場所と使い方を心がけましょう。

 

容器にはゴミやほこりがたまらないように注意

 

化粧品は、液体、固体などの形状にあった容器(瓶、チューブ、広口のケースなど)に入っています。
どんな形の容器であっても、雑菌やちり・ほこりは禁物。

 

また、使用後はびんやチューブの口についた余分は化粧品は拭きとっておきましょう。

 

ケース型の容器は開口部が大きく、すぐに汚れがたまってしまいがちです。
びんやチューブと同様に、口の汚れはきれいにふきとります。

 

できれば広口の容器は避けたほうがそんな心配も面倒もなくて良いでしょう。

 

化粧品の使用期限は?

 

一般的に防腐剤や酸化防止剤の入っている化粧品は、封を切らない限り3年くらい使うことが出来ます。
ただし、一度封を切った化粧品は、6か月以内に使いきりたいものです。

 

使いきれなかった夏用化粧品などを良く年に使う人がいるようですが、フレッシュな状態が保てず、成分が酸化したり、雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

 

シミや湿疹などのトラブルの原因にもなりかねないので、あまりおすすめ出来ません。

 

化粧品と長く付き合うコツ

 

化粧品の使用期限は基本的に6ヶ月を目安にすればいいのですが、保管や使い方によって雑菌が繁殖し、肌トラブルの原因になってしまう可能性もあります。
なので化粧品と長く付き合うためのコツを紹介します。

 

  1. 直射日光は禁物!冷暗所で保存
  2. 封を切って6カ月以内であっても、いい加減に保管していた化粧品には注意が必要です。
    化粧品の置き場所ですが、まず直射日光が当たるところは避けましょう。
    直射日光は品質を変える1番の原因となります。
    できれば暗く、気温のあまり上がらない場所が最適。
    特に夏場は、うっかり机の上に出しておくと、化粧品の温度があがってしまうことがあります。
    高温も品質を変える原因となるので、保管場所には気をつけましょう。

     

  3. 長時間、空気に触れさせない!
  4. 化粧品を長く空気に触れさせるのも、酸化の原因になるので気をつけましょう。
    化粧水、美容液、クリームなどは、使ったらすぐにふたを閉める習慣をつけておきたいものです。
    なかでもふたつきでケース型の容器は要注意です。
    最近は酸素に触れにくいプッシュ式やチューブが多くなっています。

     

  5. 手で直接触れない!
  6. 化粧品に手で直接触れるのも、劣化を早めることになります。
    プッシュ式やチューブ入りの化粧品は使う分だけ、わりと容易に取りだせますが、クリームやジェル状の化粧品はケース型の容器に入っているものが多いので、1回分取りだすにはスパチェラ(へら)を使いましょう。
    また、多く取ってしまったからと言って、一度手に取った化粧品を容器に戻さないように。

関連ページ

敏感肌専門ブランドdecencia『Ayanasu(アヤナス)』の詳細と口コミ
敏感肌の方のための専門ブランドdecencia(ディセンシア)のAyanasu(アヤナス)がどんな化粧品なのかの詳細と、実際に使ってみたレビューをこのページで紹介していきます。
オーガニックコスメ『HANA-organic』の詳細と口コミ
100%オーガニックにこだわったコスメブランド『HANA-organic』の化粧品について口コミとレビューをしていきます。バラの香りが女性ホルモンを整えてキレイにするそのメカニズムについても迫ります。
KOSEの『米肌-MAIHADA-』詳細・レビュー
乾燥を改善すると認められたライスパワーNo.11を配合した米肌がどんな化粧品なのかの詳細と、実際に使ってみたレビューをこのページで紹介していきます。
美容皮膚科のドクターズコスメ『フラセラ』の詳細と口コミ
ノーファンデメイクを実践するうえで肌トラブルが起きてしまうと隠せないことがネックになってくると思います。そこで、30万人の肌トラブルを見てきた美容皮膚科の医者が専門家と共同開発したドクターズコスメFullacera(フラセラ)がおすすめです。
シミを消すドクターズコスメ『b-glen(ビーグレン)』の詳細と口コミ
b-glen(ビーグレン)は医療先進国のアメリカの医師が監修している化粧品と言うことで効果も期待できますし、肌に優しくなるように通常なら刺激を感じる成分にも工夫が施されているので期待出来ます。