肌に刺激を与えないスキンケアの手順

 

スキンケアには手順があり、「落とす」「潤す」「守る」の3本柱があります。

 

この3つがきちんとできていれば、安定したお肌を目指すことが出来ます。

 

このページはその3本柱を行う上でお手入れによるトラブルをなくすためのスキンケア方法を紹介してきます。

 

step1:肌を刺激せずに「落とす」スキンケア方法

 

お肌の円滑な活動のために、汚れをきれいに落とす事はとても大切です。
朝の洗顔では夜の間に分泌された老廃物などをきれいに取って朝のスキンケアに備えます。
夜のクレンジングでは、メイクや分泌された老廃物、外的環境からついてきたほこりなどをキレイに取って、睡眠中のお肌がのびのびと新陳代謝ができるように整えます。

 

落とすときのポイント
  1. 1度で確実に洗い落とす
  2. ふきとるクレンジングやダブル洗顔が必要なクレンジングはお肌への刺激が過剰になってしまうので、夜のクレンジングも朝の洗顔も1度ですむアイテムがおススメです。
    ex:)朝は洗顔料のみ、夜はクレンジング剤のみにするなど

     

  3. 「落とす」順番に気をつける
  4. 目元や口元のポイントメイクは、たるみやしわやくすみ、色素沈着の原因にならないように全体クレンジングの前に専用のリムーバーや綿棒にクレンジング剤をしみこませたりして落とす様にしましょう。

     

  5. ふきとらない、こすらない
  6. 毎日何気なく行っている動作も蓄積されれば深刻な摩擦ダメージとなってしまうので、「ふきとらない」「こすらない」を心がけましょう。

 

ポイントメイクの落とし方
  1. リムーバーを含ませる
  2. コットンの2枚は目に、1枚は唇用で用意しておき、リムーバーをそれぞれ含ませておきます。
    綿棒は別に用意したコットンの上を転がして綿あめのように繊維をからめ取り、ふかふかのベッドに改良してからリムーバーを含ませます。

     

  3. 唇のクレンジング
  4. 唇全体を覆うようにコットンを置いてなじませてから、口角から中心へ向かってそっとなでながら落とします。

     

  5. 目元のクレンジング
  6. 閉じた片方の目にコットンをのせてメイクになじませます。
    眉頭から眉尻へ向かってなで落とします。
    上まぶたの目頭から目尻に向かって撫で落とします。
    まつげのきわのマスカラやアイラインを落とし、下まぶたぎりぎりにコットンを置いてその上に上まつ毛がかぶさるように目を伏せてから、綿棒で下に向かって細かくそっとなでます。
    下まぶたのきわを目尻から目頭に向かってなで落とします(コットンでも綿棒でも可)。片目がすんだらもう片方の目も同様に行います。

 

全体クレンジングの仕方
  1. 顔全体になじませる
  2. クレンジング剤を適量取り、下に引き下げないよう手の動きに気をつけて顔になじませます。
    顔全体によくなじませたらきれいにすすぎます。
    すすぎをする際の水の温度は心地よいと感じるぬるま湯できっちりすすぎましょう。
    引き締め効果などを狙って冷たい水を使うのはおススメしません。

     

  3. すすぎ残しに注意する
  4. 自分ではしっかりすすいだつもりでも、意外とすすぎが足りないことがあります。
    特に生え際、もみあげ、鼻の穴、唇の下、顎下にすすぎ残しが多くなる傾向がありますので指でチェックしながらすすぎましょう。

     

  5. すぐにタオルで水気を取る
  6. タオルを垂直にお肌に触れさせ、こすらずタオルの上から手で押さえるようにそっと水気を吸い取らせます。

 

step2:肌をしっかりと「潤す」スキンケア方法

 

お肌の表面は、丘の様な形をした凹凸が続いていて、この凹凸をキメといいます。
凹凸が細かく均一だとなめらかできれいなお肌に見え、凹凸がいびつであったり影が深いと荒れて見えてしまいます。
みずみずしく明るさに満ち、透明感あふれる、ふっくらキメの整った肌を目指しましょう。

 

潤すときのポイント
  1. めざすのはもっちり潤い肌
  2. 化粧水はざっとつけるだけではキメはお腹いっぱいになりません。
    よく「化粧水がぐんぐん肌に浸透する」という言い回しは、お肌を通じてからだに染み入るわけではなく、キメが水分を含んでふっくらとするということです。
    潤った肌の手触りはひんやりともっちりしています。

     

  3. 化粧水はたっぷり何度も
  4. 化粧水の適量とされる「500円玉大」はちょうど片手のひらのくぼみいっぱいに取った時と同じくらいの分量になります。
    1回につきその量の化粧水を両手に行き渡らせ、顔をくるみながら手のぬくもりを利用してお肌に吸わせていきます。
    呼吸の速度と合わせて手を移動させていきます。

     

  5. 首やデコルテも忘れずにケア
  6. 顔だけキレイに潤っても、年齢の出やすい首、デコルテがノーマークでは台無しになってしまうので忘れずにケアしましょう。

 

潤すときのスキンケアの仕方
  1. 化粧水を適量取る
  2. 化粧水を手のひらのくぼみにたっぷり取り、それを両手のひらに行き渡らせます。

     

  3. 両手で顔をくるみ込む
  4. まず生え際に沿って顔の上半分をやさしくくるみ、一呼吸おいたら手を垂直にそっとはずします。
    次に頬骨の下に手根を置き、4本の指が生え際に、手のふちと小指側が鼻筋にちょうど沿う形になります。この手で覆える範囲に化粧水をつけ、一呼吸おいたら手を垂直にしてそっとはずします。
    あごに手根を目尻に指を置くと、顔の下半分がやさしくくるまれます。一呼吸置いたら手の顔の外側にそっと外します。
    最後にあごに手根を置き中指が目頭に届くようにして顔のまんなかをやさしくくるみます。一呼吸おいたら手を垂直にしてそっとはずします。

     

  5. 首も同じように潤す
  6. 4本の指先が耳下に、親指が顎下にくるよう、首を手で覆います。
    この状態から鎖骨まで、手のひらを交互に使って、首の右側は左手で、左側は右手でなで下ろします。
    首の後ろから肩先までも同様にします。

     

  7. デコルテまで潤す
  8. デコルテは鎖骨から外側へ放射線状になで下ろしていきましょう。

 

step3:肌をしっかり保護して「守る」スキンケア方法

 

お肌の水分は外的環境から奪われないように、そして外的環境の刺激を体内に入れないように「守る」必要があります。
お肌が自分を守るために分泌する保護膜は、汗と皮脂の混合物、すなわち水分と油分。
分泌する保護膜の構造に似た疑似保護膜をスキンケアでつくれば肌は安心して心地よくいられます。

 

守るときのポイント
  1. 乳液なしでも大丈夫
  2. 乳液は化粧水とクリームの中間のようなアイテムなので、水分を含んだお肌を長時間保護する蓋としては軽く、スキンケアの締めには不向きです。
    シンプルなスキンケアをするなら乳液のあとにクリームを使うと油分過多になってしまうので乳液を省いても構いません。

     

  3. 朝の保護膜にはUV対策もプラスして
  4. 紫外線は程度の違いがあっても1年中降りそそぐものですので、朝のスキンケアではUVケアもプラスしておきましょう。
    春から秋まではSPF30/PA++〜+++程度のもの、もっと日差しの弱い冬はSPF20/PA++程度のものが安心です。
    クリームをつける時にクリーム+日焼け止め(各同量を基本にして調整)=1になるようにして混ぜ、お肌をコーティングしましょう。
    下記のようなオーガニックの日焼け止めにすると重くならず肌の負担も減らせます。

    HANAオーガニックのウェアルーUV

 

守るときのスキンケアの仕方
  1. クリームを手のひらにのばす
  2. クリームは指先くらいの量を取り、両てのひらにのばします。

     

  3. クリームを顔になじませる
  4. 化粧水と同じ手順で顔をくるみ、続いて首、デコルテになじませます。
    顔だけでクリームが足りなくなってしまった場合は首、デコルテ分を改めて手にのばしてからつけます。

     

  5. もっと潤わせたいなら化粧水とクリームを重ねづけする
  6. 手触りがむっちりもっちりになり、皮膚感覚としても満ち足りるまで1と2を繰り返します。
    その際、化粧水、クリームの使用量は最初よりも少なめにして、薄い水分膜、油分膜を重ねるようにしてみましょう。

 

毎日使うものだからこそ化粧品も良いものを選びましょう

 

毎日使う化粧品だからこそ、良いものを選ばなければ健やかな肌ではなくトラブル肌になってしまいます。
肌に吸収したくない成分を含まず、ファンデーションをつけなくても肌が綺麗と褒められる美肌に導く化粧品だけを選りすぐりました。
どれも実際に管理人が使用し、詳細ページではレビューの掲載もしているのでチェックしてみてくださいね。

 

敏感肌専門ブランド『decencia』のAyanasu(アヤナス)

Ayanasu(アヤナス)は敏感肌でもエイジングケアが出来る化粧品として、様々な特許技術を持った化粧品です。

 

バイタサイクルベールという疑似バリア機能で敏感肌を外部刺激から守り、炎症を抑えつつ、浸透した美容成分で美肌を目指すことが出来ます。

 

Ayanasuはアンチエイジングに特化したものですが、同シリーズで美肌に特化した「サエル」と、超保湿「つつむ」があり、人気読者モデルや美魔女も愛用しています。

 

 

オーガニックコスメブランド『HANA-organic(ハナオーガニック)』

HANA-organicはブランド名の通り、オーガニック素材を使った化粧品で、しかも水も一切使用していない100%オーガニックにこだわった化粧品なんです。

 

水の代わりに花精油を使っているのでHANA-organicの化粧品を手に取ると濃厚で自然な草花の香りがします。

 

特にHANA-organicで使用されているものなかでこだわりがあるのは薔薇で、ブルガリア産の最高級ダマスクローズを使用しています。
薔薇の香りは女性ホルモンのバランスを整えてくれる効能があると言われていて、内側から綺麗にしてくれる化粧品です。

 

美人百科ANECANなどでも紹介され、モデルの美香さんやあゆみさんがお気に入りコスメとしてHANA-organicの化粧品を紹介していました。

 

 

芸能人愛用者が多い乾燥肌の方のためのKOSEの『米肌MAIHADA』

米肌MAIHADAは肌トラブルの根源である乾燥を改善すると唯一認められた美容成分ライスパワーNo.11をたっぷりと配合しています。

 

一時的に肌の水分量を増やすのではなく、肌本来が持っている潤いを保つ能力を改善する効果が唯一認められた成分なので、肌力を上げたいノーファンデ派の方におススメの化粧品と言えます。

 

米肌は発売されてすぐに数々のコスメ大賞を受賞し、雑誌やテレビでも紹介されている人気スキンケア化粧品で、芸能人のブログでも愛用化粧品として頻繁に登場しています。

 

米肌に似たライスフォースという化粧品もありますが、KOSEの米肌では乳化の技術を駆使して両極な水と油の両成分を肌へ導く唯一の成分を独自開発しているので、米肌のほうが効果に期待を持てます。

 

関連ページ

春のスキンケア〜春は乾燥や肌荒れになりやすい季節〜
冬の寒さが一段落し、過ごしやすくなるにつれ心もはずんできますが、実は春先というのは肌トラブルが一番多く発生する季節なんです。春は短期間に気温が上昇し、紫外線量も増えるので、洗顔とUV対策が必須です。そんな春スキンケアのポイントを紹介します。
夏のスキンケア〜汗と冷房にも要注意!紫外線の多い季節〜
夏は気温・湿度が共に高く、紫外線量もピークを迎えるので外的要因から肌を守ると同時に、ダメージを受けたらすぐにリフレッシュしなければなりません。汗でメイク崩れも起きやすいので汚れが溜まりやすく洗顔にも気を使わなければなりません。そんな夏スキンケアのポイントを紹介します。
秋のスキンケア〜夏のダメージを改善して冬に備える季節〜
気候は比較的安定しているので、通常のお手入れが基本になります。ただ、残暑の厳しい日や冬が近付き、急に気温が下がった日などは注意が必要ですので、その日の気温に応じたスキンケアを心がけましょう。そんな秋のスキンケアについて紹介していきます。
冬のスキンケア〜保湿が重要な乾燥と寒さの厳しい季節〜
空気が乾燥し、皮脂の分泌が減ることで肌がかさつきやすくなる季節です。しかし、暖房で暑いくらいの室内にいると、部分的に脂っぽい肌になるケースもあるので状況に応じてスキンケアの対応を変えなければなりません。そんな冬のスキンケアについて紹介します。
大人ニキビを隠さず治すニキビ体質脱却スキンケア
大人のニキビは思春期のニキビとは違って、治りにくく再発しやすいやっかいなものです。このニキビ体質から脱却するためのスキンケアのポイントやスキンケアの手順、ニキビが出来やすい部位別の注意点なども紹介していきます。
毛穴の開きや毛穴の黒ずみを解消するスキンケア
多くの女性にとって共通の悩みといえる毛穴の問題は、トラブルの原因も気になる状態も様々です。毛穴のトラブルといっても、開き、赤み、黒ずみ、たるみ、ボツボツしているなどありますが、これらはデイリーケアで予防することができます。
肌トラブルの大敵である乾燥対策スキンケア
乾燥すると様々な肌トラブルが起きるため、乾燥を防いでうるおいの肌を保っていたいですよね。乾燥しやすい冬でもエアコンの効いた社内でも正しいケアを行えばみずみずしいうるおい肌でいられます。潤い肌でいられるためのケア方法を紹介します。
シミ・くすみを消したい!日々のスキンケアで消すポイント
シミやくすみは肌の印象を大きく左右するものなので、ある日鏡を見てシミが出来ていたらものすごくショックですよね。まずはシミが出来ないように予防することが大切ですが、出来てしまったシミやくすみも日々のスキンケアを丁寧に行えば消すことは可能です。なので簡単にはあきらめずに頑張りましょう。
小ジワ・たるみでも日々のスキンケアで解消できる方法
年齢を重ねていくにつれて気になってくるのが小ジワや肌のたるみですよね。老化だから仕方がない、と諦めないで、肌の再生力を利用して解消する方法を紹介します。また、シワの種類によっては日々のケアをちょっと入念にするだけで解消できます。
クマを解消して明るい印象の目元をつくるスキンケア
目元には、その人全体の印象を決めてしまうほどのアピール力があります。なので目の下に出来たクマのせいで、不健康そうなイメージを与えてしまう可能性も大いにあります。クマを解消して目元の印象を明るくするクマ解消スキンケア方法を紹介します。
ふっくらとした艶のある血色のいい唇になるためのリップケア
唇の血色は一瞬にして顔の印象を左右してしまう顔の中でも重要なパーツです。血色が悪かったり、黒ずんで見えたり、ガサガサの唇だとどんなに他が綺麗でも幻滅されてしまうことも。毎日唇にもしっかりとしたケアをしてふっくら唇を保ちましょう。
忙しい時の朝と夜の簡単スピードスキンケア方法
スキンケアは出来るだけ毎日きちんと行いたいけれど忙しい時や疲れた時は簡単に済ませたいものですよね。そこでこのページでは最低限これだけをやっておけばOKな簡単スキンケアの方法を朝と夜にわけて紹介していきます。
女性ホルモンの乱れを感じたら生理周期に合わせたケアを
生理前、または生理中、はたまた生理後に肌トラブルが起きやすい人は生理周期に合わせたスキンケア対策をしなければなりません。このページでは生理と女性ホルモンの関係、生理周期に合わせたスキンケアのポイントを紹介します。
妊婦さんはシミが出来やすい?妊娠中のスキンケアのやり方
妊娠してから肌体質が変わった、妊娠中に肌荒れが起きやすくなった、シミが出来やすくなったなどの声をよく聞きます。実は妊娠中は女性ホルモンが通常とは違ってくるのでそのような肌トラブルが起きやすくなっているのです。妊娠中は普段よりも保湿と紫外線対策をしっかりする必要があります。
子育てママのためのおしゃれなスキンケア・メニュー
家事や育児に追われて忙しい子育てママさんのためのキレイになるスキンケアレシピをこのページで紹介していきます。子供や夫から「ママきれい」と言われるママを目指すのは自分自身の楽しみにもつながりますし、スキンケアにはリラックス効果もあるので育児中のストレスも緩和されます。
肌を傷めるやりがちな洗顔方法〜6つの間違いポイント〜
洗顔は特に肌に刺激を与えてしまうので間違った方法で洗顔してしまうのですぐに肌が荒れてしまいます。ここでは特にやりがちな6つの洗顔時の間違いを紹介したいと思います。以下の6つはしないように注意し、肌を傷めないような洗顔をしましょう。
睡眠が美肌効果の一番高いスキンケアになる理由
食生活の改善も大切なライフスタイルの一部で、美肌によいものを摂ればそれなりに返ってきますが、すぐに美肌を実感できるのは十分な睡眠を取った朝ですよね。 よく寝れたな、と思って顔を鏡で見てみると肌がスッキリしていて顔色も明るくいつもより可愛くみえるはず。
美肌づくりに欠かせないビタミンの種類とそれぞれの役割
ビタミンは身体の代謝に必要な物質ですが、体内では合成できないので食物などで摂取する必要があります。ビタミン以外にも鉄、亜鉛、ミネラルもビタミン同様に身体の機能を保つのに必要な成分でありながら体内で合成できません。なので日ごろから意識して摂取する必要があります。
エイジングケアガイド〜年齢ごとにスキンケアにも変化を〜
年齢を重ねるにつれ肌の状態も変化していきます。歳を取るほどキレイになる女性もいれば、誤ったスキンケア方法で若い頃は綺麗だったのに歳を取ってから輝きがなくなってしまうということもあります。輝きを保ち続けるにはやはり努力が必要で、自分らしい魅力を保つためのケアを考えましょう。
アンチエイジングケアは何歳から始めるべき?肌年表チェック
10代、20代の頃は適当なスキンケアでもある程度美しい肌状態を保てますが、歳を重ねるにつれスキンケアを怠っていた人と、きちんとスキンケアをしていた人の肌状態に差が出てきてしまいます。見た目年齢に大きな差が出る前に若々しい自分をつくるためのアンチエイジングを今からでも始めましょう。
老化にストップを掛ける年代別の化粧品選びのポイント
最近では美白やアンチエイジングなどの機能性化粧品が数多く出ています。年代別にそれらの化粧品の中から良いものを選ぶポイントや、正しく使って肌の老化にブレーキを掛ける方法を紹介していきます。
毛穴を引き締めるスプーンパッティングを取り入れよう
値段の張る美顔器を買わなくても、スプーンでキレイを作ることが出来ます。キッチンに眠ったスプーンをそのままにしておくなんてもったいないので、是非このページで紹介するスプーンパッティングというスプーンを使ったマッサージを試してみてください。スッキリとしたフェイスラインを手に入れることが出来ちゃいますよ。
便秘、肌荒れを解消する寝起きをスッキリ目覚めさせる飲み物
朝の目覚めとともにお肌や体にいいものを取り入れると、栄養成分を効率よく吸収することができるので、朝は美肌ケアの絶好のタイミングです。このページでは朝に取り入れると良い手軽な飲み物を紹介します。
横顔美人になるフェイスラインラッピングで肌を引き締める
横顔が美人といわれる人はフェイスラインがキュッと引き締まっている方が多く、頬のカサツキや二重顎などのたるみも見られません。そんな憧れの横顔美人になるために、ラップを使ったフェイスラインラッピングというあごを重点的にケアする方法を紹介します。
肌荒れの原因になるストレスを簡単解消ケアで美肌キープ
ストレスが表に出ている時の顔はあなた本来のお顔ではないはずで、本来あるべき姿でいられないのは、肌にとっても身体にとっても非常なストレスです。すぐにストレスを緩和できるようなリラックス効果のあるマッサージや瞑想、好きなことをし、メンテナンスを行いましょう。
お風呂に浸かれない時でもシャワー美容法でお肌スッキリ
忙しかったり、水道代やガス代が気になってお風呂に毎日浸かることが出来ないと言う方も多いと思います。ですが、シャワーだけは毎日浴びることになるので、お風呂に浸かれない時でもシャワーで出来る美容法さえ把握できていれば、キレイに差をつけることが出来ます。
季節の変わり目や生理前に起きる揺らぎ肌の簡単スキンケア
寒暖差の激しい季節の変わり目や、女性ホルモンのバランスが乱れがちな生理前は肌が不安定になりやすく、肌トラブルを引き起こしやすい時期です。そういう時期だから仕方ないと諦めずに、朝に出来る簡単ケアで揺らぎ肌を予防する方法を紹介します。
仕事疲れの肌荒れやむくみに忙しい朝でも出来る緊急ケア
働く女性の肌はストレスや外的刺激を受けて疲れ顔になりやすいうえに、朝が忙しくてしっかりスキンケアに時間を取ってる暇がないという人も。このページでは疲れた肌を癒してキレイに保つテクニックと、残業や飲み会の翌日の疲れ顔を解消出来る即効性の高い緊急ケアを紹介します。
会社で手軽に出来る仕事中のスキンケアで美肌キープ
働く女性にとって化粧崩れや乾燥などの肌状態はとても気になるものですよね。女性の肌はエアコンによる乾燥や、外出時の紫外線など仕事中も様々なストレスと闘っています。ここでは仕事中に出来るケア方法で一日中キレイを保つテクニックを紹介します。