朝と夜のスキンケアで働き者のお肌を休ませてあげましょう

 

 

実はお肌にはさまざまな仕事の役割があり、かなりの働き者です。

 

からだのなかからいらないものを排出したり、汗をかいて温度調節をしたり、紫外線や熱気・冷気など、外からの刺激を体内へむやみに侵入させないよう守ってくれています。

 

そんな働き者のお肌に粛々と仕事をこなしてもらうためにお肌を整えてあげること、つまりスキンケアが必要なんです。

 

表面にあるキメをふっくりと柔軟に保ち、汗腺や毛穴、皮脂腺に滞りがないように、いわば目詰まりのないなめらかなお肌に整えておいてあげることが重要です。

 

そうすることでお肌が本来の仕事をスムーズに行えるように整備することができます。

 

また、スキンケアをすると心の安定をもたらすことが出来ます。

 

特に顔は繊細で感度の高い神経が数多く配線されています。

 

丁寧にお顔のお手入れをすることによって、ほっと安らぐのは、お肌の感受性を通して心地よさが全身におよぶからなのです。

 

ストレス社会と呼ばれる現代に、朝晩の2回のスキンケアで安らぐことができる時間を持つということは心身にとって、とても大切なことなんです。

 

このカテゴリーではどんな面倒くさがりな方でも、どんな忙しい方でも、「毎日最低限これだけはやっておくべき」というステップを知ってもらうためのスキンケアの役割や方法について紹介していきます。

ノーファンデ派の方におすすめしたい美肌化粧品

 

毎日使う化粧品だからこそ、良いものを選ばなければ健やかな肌ではなくトラブル肌になってしまいます。
そこで、自然派美肌を目指すノーファンデの方におススメの肌に優しい化粧品を紹介します。
肌に吸収したくない成分を含まず、ファンデーションをつけなくても肌が綺麗と褒められる美肌に導く化粧品だけを選りすぐりました。
どれも実際に管理人が使用し、詳細ページではレビューの掲載もしているのでチェックしてみてくださいね。

 

敏感肌専門ブランド『decencia』のAyanasu(アヤナス)

Ayanasu(アヤナス)は敏感肌でもエイジングケアが出来る化粧品として、様々な特許技術を持った化粧品です。

 

バイタサイクルベールという疑似バリア機能で敏感肌を外部刺激から守り、炎症を抑えつつ、浸透した美容成分で美肌を目指すことが出来ます。

 

Ayanasuの化粧品は美魔女の水谷雅子さんも愛用していて、美容本や雑誌などで愛用化粧品としてよく紹介されています。

 

Ayanasuはアンチエイジングに特化したものですが、同シリーズで美肌に特化した「サエル」と、超保湿「つつむ」があり、人気読者モデルの青柳文子ちゃんや田中里奈ちゃんも愛用しています。

 

 

オーガニックコスメブランド『HANA-organic(ハナオーガニック)』

HANA-organicはブランド名の通り、オーガニック素材を使った化粧品で、しかも水も一切使用していない100%オーガニックにこだわった化粧品なんです。

 

水の代わりに花精油を使っているのでHANA-organicの化粧品を手に取ると濃厚で自然な草花の香りがします。

 

特にHANA-organicで使用されているものなかでこだわりがあるのは薔薇で、ブルガリア産の最高級ダマスクローズを使用しています。
薔薇の香りは女性ホルモンのバランスを整えてくれる効能があると言われていて、内側から綺麗にしてくれる化粧品です。

 

美人百科ANECANなどでも紹介され、モデルの美香さんやあゆみさんがお気に入りコスメとしてHANA-organicの化粧品を紹介していました。

 

 

芸能人愛用者が多い乾燥肌の方のためのKOSEの『米肌MAIHADA』

米肌MAIHADAは肌トラブルの根源である乾燥を改善すると唯一認められた美容成分ライスパワーNo.11をたっぷりと配合しています。

 

一時的に肌の水分量を増やすのではなく、肌本来が持っている潤いを保つ能力を改善する効果が唯一認められた成分なので、肌力を上げたいノーファンデ派の方におススメの化粧品と言えます。

 

米肌は発売されてすぐに数々のコスメ大賞を受賞し、雑誌やテレビでも紹介されている人気スキンケア化粧品で、芸能人のブログでも愛用化粧品として頻繁に登場しています。

 

米肌に似たライスフォースという化粧品もありますが、KOSEの米肌では乳化の技術を駆使して両極な水と油の両成分を肌へ導く唯一の成分を独自開発しているので、米肌のほうが効果に期待を持てます。

 

ノーファンデの美肌スキンケア記事一覧

スキンケアには手順があり、「落とす」「潤す」「守る」の3本柱があります。この3つがきちんとできていれば、安定したお肌を目指すことが出来ます。このページはその3本柱を行う上でお手入れによるトラブルをなくすためのスキンケア方法を紹介してきます。step1:肌を刺激せずに「落とす」スキンケア方法お肌の円滑な活動のために、汚れをきれいに落とす事はとても大切です。朝の洗顔では夜の間に分泌された老廃物などをき...


冬の寒さが一段落し、過ごしやすくなるにつれ心もはずんできますが、実は春先というのは肌トラブルが一番多く発生する季節なんです。春は短期間に気温が上昇し、紫外線量も増えるので、洗顔とUV対策が必須です。そんな春スキンケアのポイントを紹介します。春は代謝が活発になり汚れやすいので肌を清潔にしましょう春の気温は安定せず、暖かくなったり寒くなったりと落ち着きません。肌も北風が吹けば乾燥し、暖かい日にはべたつ...


夏は気温・湿度が共に高く、紫外線量もピークを迎えるので外的要因から肌を守ると同時に、ダメージを受けたらすぐにリフレッシュしなければなりません。汗でメイク崩れも起きやすいので汚れが溜まりやすく洗顔にも気を使わなければなりません。そんな夏スキンケアのポイントを紹介します。皮脂対策は朝のスキンケアで行いましょう夏は汗や皮脂の分泌が増えて、肌もべたつきがちです。特に汗っかきの人、日ごろからオイリーに傾きが...


気候は比較的安定しているので、通常のお手入れが基本になります。ただ、残暑の厳しい日や冬が近付き、急に気温が下がった日などは注意が必要ですので、その日の気温に応じたスキンケアを心がけましょう。そんな秋のスキンケアについて紹介していきます。夏の肌ダメージを集中ケアで癒していきましょう一年中で比較的過ごしやすいと言われている季節の秋ですが、エアコンの影響を受け、夏の紫外線を浴び続けた肌は疲れていて、ター...


空気が乾燥し、皮脂の分泌が減ることで肌がかさつきやすくなる季節です。しかし、暖房で暑いくらいの室内にいると、部分的に脂っぽい肌になるケースもあるので状況に応じてスキンケアの対応を変えなければなりません。そんな冬のスキンケアについて紹介します。早めの保湿ケアで肌のうるおいをキープ冬の肌は屋外の冷たい風にさらされたうえに、室内の暖房で水分が蒸発してしまうために、とても乾燥しやすくなります。この状態が続...


大人のニキビは思春期のニキビとは違って、治りにくく再発しやすいやっかいなものです。このニキビ体質から脱却するためのスキンケアのポイントやスキンケアの手順、ニキビが出来やすい部位別の注意点なども紹介していきます。大人のニキビができる原因20代〜30代に見られる芯の硬い頑固なニキビ。何度も同じ場所に発生したり、治ったと思ったのに再発するなど、悩みはつきません。よく原因とされるのがストレスですが、環境の...


多くの女性にとって共通の悩みといえる毛穴の問題は、トラブルの原因も気になる状態も様々です。毛穴のトラブルといっても、開き、赤み、黒ずみ、たるみ、ボツボツしているなどありますが、これらはデイリーケアで予防することができます。毛穴が目立つ原因毛穴が目立ってしまう原因はいろいろあり、原因によって症状も少しずつ違ってきます。多いのは放置した脂汚れが酸化して黄色くなったり、毛穴の中にあるメラニン色素が黒々と...


乾燥すると様々な肌トラブルが起きるため、乾燥を防いでうるおいの肌を保っていたいですよね。乾燥しやすい冬でもエアコンの効いた社内でも正しいケアを行えばみずみずしいうるおい肌でいられます。潤い肌でいられるためのケア方法を紹介します。肌トラブルの一番の原因は乾燥エアコンの効いたオフィスで長時間仕事をしている女性の肌は、年齢を問わず乾燥しています。肌の水分が不足すると、さらに角質のバリア機能が低下し、紫外...


シミやくすみは肌の印象を大きく左右するものなので、ある日鏡を見てシミが出来ていたらものすごくショックですよね。まずはシミが出来ないように予防することが大切ですが、出来てしまったシミやくすみも日々のスキンケアを丁寧に行えば消すことは可能です。なので簡単にはあきらめずに頑張りましょう。シミ・くすみの原因紫外線を浴びると、皮膚の一部にメラニン色素が異常に増えてしまいます。これがシミやくすみの最大の原因で...


年齢を重ねていくにつれて気になってくるのが小ジワや肌のたるみですよね。老化だから仕方がない、と諦めないで、肌の再生力を利用して解消する方法を紹介します。また、シワの種類によっては日々のケアをちょっと入念にするだけで解消できます。シワ・たるみの原因シワには、笑うなど相好を崩した時にだけ出る「仮性ジワ」と、表情筋を動かさない時に出る「本ジワ」があります。ときには20代でも出ることがある「仮性ジワ」は、...


目元には、その人全体の印象を決めてしまうほどのアピール力があります。なので目の下に出来たクマのせいで、不健康そうなイメージを与えてしまう可能性も大いにあります。クマを解消して目元の印象を明るくするクマ解消スキンケア方法を紹介します。クマは美肌の大敵クマが出来た目元は顔全体をくすんで見せてしまい、年齢以上にふけた印象になってしまいます。目の下の皮膚を伸ばして、どんな色をしているか、よく観察してみまし...


唇の血色は一瞬にして顔の印象を左右してしまう顔の中でも重要なパーツです。血色が悪かったり、黒ずんで見えたり、ガサガサの唇だとどんなに他が綺麗でも幻滅されてしまうことも。毎日唇にもしっかりとしたケアをしてふっくら唇を保ちましょう。乾燥しやすい唇はリップクリームでケア粘膜なので乾燥しやすく、汗腺や皮脂腺のない唇はデリケートでトラブルを起こしやすい部分です。寝る前と口紅をつける前には、必ずリップクリーム...


スキンケアは出来るだけ毎日きちんと行いたいけれど忙しい時や疲れた時は簡単に済ませたいものですよね。そこでこのページでは最低限これだけをやっておけばOKな簡単スキンケアの方法を朝と夜にわけて紹介していきます。忙しい朝の簡単スピードスキンケア最低限これだけで朝の身支度が完了することが出来る簡単スピードスキンケアです。アイテムの使用量とその時のお肌の状態に応じて増減させることがコツです。いつもどおり洗顔...


生理前、または生理中、はたまた生理後に肌トラブルが起きやすい人は生理周期に合わせたスキンケア対策をしなければなりません。このページでは生理と女性ホルモンの関係、生理周期に合わせたスキンケアのポイントを紹介します。生理周期と女性ホルモンのバランス女性ホルモンの「卵胞ホルモン(エストロゲン)」は皮膚のきめを細かくしたり、余分な皮脂を抑える働きがあります。女性の肌が思春期を過ぎると美しくなっていくのは、...


妊娠してから肌体質が変わった、妊娠中に肌荒れが起きやすくなった、シミが出来やすくなったなどの声をよく聞きます。実は妊娠中は女性ホルモンが通常とは違ってくるのでそのような肌トラブルが起きやすくなっているのです。妊娠中は普段よりも保湿と紫外線対策をしっかりする必要があります。妊娠中に肌の変化を感じたら妊娠中の皮膚変化には、妊娠線や静脈瘤のほかに、肌のかぶれやカサつき、かゆみ、むくみといったものがありま...


家事や育児に追われて忙しい子育てママさんのためのキレイになるスキンケアレシピをこのページで紹介していきます。子供や夫から「ママきれい」と言われるママを目指すのは自分自身の楽しみにもつながりますし、スキンケアにはリラックス効果もあるので育児中のストレスも緩和されます。子育てママは春夏秋冬、いつも汗かきが悩みのタネ掃除や洗濯といった家事、お散歩や送り迎え、お弁当作りなどの子育ては重労働ですよね。夏場の...


洗顔は特に肌に刺激を与えてしまうので間違った方法で洗顔してしまうのですぐに肌が荒れてしまいます。ここでは特にやりがちな6つの洗顔時の間違いを紹介したいと思います。以下の6つはしないように注意し、肌を傷めないような洗顔をしましょう。泡立て不足石鹸タイプでなくクリームやジェルタイプなどの場合泡立てないでそのまま肌につけちゃうなんてこともありますよね。また、十分に泡立ってないのに始めてしまう方も。泡立て...


食生活の改善も大切なライフスタイルの一部で、美肌によいものを摂ればそれなりに返ってきますが、すぐに美肌を実感できるのは十分な睡眠を取った朝ですよね。よく寝れたな、と思って顔を鏡で見てみると肌がスッキリしていて顔色も明るくいつもより可愛くみえるはず。逆に睡眠不足であればクマが出来たり、顔がくすんでいたりと肌状態の悪さが一目瞭然ですよね。ここではそんな睡眠が何故重要な美肌スキンケアになるのか、どのよう...


ビタミンは身体の代謝に必要な物質ですが、体内では合成できないので食物などで摂取する必要があります。ビタミン以外にも鉄、亜鉛、ミネラルもビタミン同様に身体の機能を保つのに必要な成分でありながら体内で合成できません。なので日ごろから意識して摂取する必要があります。ビタミンAは乾燥防止・紫外線によるトラブル防止にビタミンAの働き皮膚や粘膜のうるおいを保ち、新陳代謝のはたらきを促進し、肌の乾燥を防ぐビタミ...


年齢を重ねるにつれ肌の状態も変化していきます。歳を取るほどキレイになる女性もいれば、誤ったスキンケア方法で若い頃は綺麗だったのに歳を取ってから輝きがなくなってしまうということもあります。輝きを保ち続けるにはやはり努力が必要で、自分らしい魅力を保つためのケアを考えましょう。肌の老化はだれにでも訪れる加齢とともに起こる肌の老化は生物である限り避けることはできません。それまで特に肌トラブルに悩まなかった...


10代、20代の頃は適当なスキンケアでもある程度美しい肌状態を保てますが、歳を重ねるにつれスキンケアを怠っていた人と、きちんとスキンケアをしていた人の肌状態に差が出てきてしまいます。見た目年齢に大きな差が出る前に若々しい自分をつくるためのアンチエイジングを今からでも始めましょう。年齢による肌と身体の変化今、女性の平均寿命は85歳と言われています。お手入れをしはじめたのが30歳だとしても、それでも5...


最近では美白やアンチエイジングなどの機能性化粧品が数多く出ています。年代別にそれらの化粧品の中から良いものを選ぶポイントや、正しく使って肌の老化にブレーキを掛ける方法を紹介していきます。肌が持つ力を最大限に発揮させる化粧品を使いましょう私たちの肌には、健康を保とうとするしくみがあります。スキンケアの基本は、この肌が持つ力を最大限に発揮させること。しかし、年齢とともにその力は徐々に衰えますので、年代...


スプーンはヒヤッと冷たくさせたり、ジワーンと温かくすることが自在の材質アイテムです。また顔の絶妙なカーブにぴったりと寄り添うなだらかなシェイプもよく、誰のうちにもあるお宝ビューティ・マシーンです。水分や油分を補給する前に、冷やしたり温めたりしたスプーンを肌にパタパタとさせるだけで完了なのでとっても簡単です。  スプーンは大きいものと小さいもの、マドラータイプを揃えると便利です。大人顔の人は顔の長さ...


朝の目覚めとともにお肌や体にいいものを取り入れると、栄養成分を効率よく吸収することができるので、朝は美肌ケアの絶好のタイミングです。なので朝食を取ることはとっても大切なのですが、朝はなにかと忙しい時間帯ですし、起き抜けは食欲がなかったりする方もいらっしゃると思います。なのでこのページでは朝に取り入れると良い手軽な飲み物を紹介します。起き抜けで飲みたいコップ1杯の水寝起きでもやっとした身体をシャキッ...


横顔が美人といわれる人はフェイスラインがキュッと引き締まっている方が多く、頬のカサツキや二重顎などのたるみも見られません。そんな憧れの横顔美人になるために、ラップを使ったフェイスラインラッピングというあごを重点的にケアする方法を紹介します。みんなの盲点である顎は他人から良く見られているデッドゾーンだった顔全体のパックやラッピングを行った事はあっても、顎を重点的にケアする方は少ないのではないでしょう...


感情がお顔に跡を残すこともあります。イライラが続いている様なとき、ひたいの生え際に緊張がごりごりと残ってはいませんか?にっこりとおしみなく笑顔をふりまくことを忘れるほどゆとりがなかったり、不機嫌だったりすると、頬や口元が下がったお顔になってはいませんか?そんなストレスが表に出ている時の顔はあなた本来のお顔ではないはずで、本来あるべき姿でいられないのは、肌にとっても身体にとっても非常なストレスです。...


忙しかったり、水道代やガス代が気になってお風呂に毎日浸かることが出来ないと言う方も多いと思います。私も毎日のようにお風呂に入れません。ですが、シャワーだけは毎日浴びることになるので、お風呂に浸かれない時でもシャワーで出来る美容法さえ把握できていれば、キレイに差をつけることが出来ます。朝のシャワーを浴びる時にリンパマッサージで差をつける目を覚ますために朝、シャワーを浴びる方って多いんじゃないでしょう...


寒暖差の激しい季節の変わり目や、女性ホルモンのバランスが乱れがちな生理前は肌が不安定になりやすく、肌トラブルを引き起こしやすい時期です。そういう時期だから仕方ないと諦めずに、朝に出来る簡単ケアで揺らぎ肌を予防する方法を紹介します。揺らぎ肌を立て直す簡単10分ケアこの簡単10分ケアは季節の変わり目や生理前で肌が揺らいでいる時や、くちびるや手のひらが乾燥しはじめたとき、朝晩の気温差が激しい時に取り入れ...


働く女性の肌はストレスや外的刺激を受けて疲れ顔になりやすいうえに、朝が忙しくてしっかりスキンケアに時間を取ってる暇がないという人も。ノーファンデメイクをする上でくすみやむくみ、肌荒れほど嫌なものはありません。このページでは疲れた肌を癒してキレイに保つテクニックと、残業や飲み会の翌日の疲れ顔を解消出来る即効性の高い緊急ケアを紹介します。朝のケアで肌も目覚めもすっきりと忙しい朝はスキンケアもついおろそ...


働く女性にとって化粧崩れや乾燥などの肌状態はとても気になるものですよね。女性の肌はエアコンによる乾燥や、外出時の紫外線など仕事中も様々なストレスと闘っています。ここでは仕事中に出来るケア方法で一日中キレイを保つテクニックを紹介します。ノーファンデメイクの時の化粧直しファンデーションはつけていませんなが脂浮きがあるとテカって見えたり、チークの色もくすんで見えてしまいます。なので休憩時間やトイレに行く...