年齢を重ねるにつれ選ぶコスメも変えていきましょう

 

体内の水分量は年齢とともに減少していきます。
だからこそ大人のスキンケアにおいては「保湿」を心がける必要があるのですが、メイク用品を選ぶうえでも「水」を意識するようにしましょう。

 

30歳を過ぎたらパウダリーファンデーションはいらない

 

ただでさえつや感がなくなってくるのに、わざわざつやを消すマットな質感を求める必要はありません。

 

なので30歳をすぎたらパウダりーファンデーションは不要で、その代わりにリキッドファンデーションや、クリームファンデーションでみずみずしい肌をつくりましょう。

 


アヤナスBBクリーム

 

みずみずしさと肌へのスキンケアが同時に行えるアヤナスのBBクリームは優秀アイテムです。

 

少量でよく伸びるので肌への負担も少なく、透明感のある肌を演出することが出来ます。

 

 

カバー力もありますし、なによりも付け心地がみずみずしくて気持ちいいのがおススメです。

 

練り状のチーク、リップグロス、ブルーのマスカラでみずみずしさを演出

 

ツヤ感とともに血色も大切なので、お風呂上がりの肌をイメージさせるチークを頬にいれましょう。

 

パウダータイプよりも練り状のチークを使って女性らしさを演出します。

 

また、唇にはうるうる感をもたらすリップグロスと、白目をきれいに見せるブルーのマスカラもみずみずしさをアップしてくれるので心強いアイテムです。

 

  

 

コンシーラーなどの隠すアイテムは買ってはいけない

 

写真撮影などの特別な場合はともかく、日常的に化粧で隠すというクセはつけないようにしましょう。

 

コンシーラーを使ってシミやニキビ痕を隠すことを習慣化してしまうと、永遠に隠すメイクをし続けることになってしまいます。

 

しかもそれがだんだんとエスカレートしていってメイクが濃くなっていくのは明白です。

 

それよりも、シミやニキビ痕は根気よく続ければ必ず目立たなくなるのでスキンケアで根本から改善していきましょう。

 

年齢を重ねたらコスメよりもスキンケア化粧品を重視しましょう

 

毎日使う化粧品だからこそ、良いものを選ばなければ健やかな肌ではなくトラブル肌になってしまいます。
肌に吸収したくない成分を含まず、ファンデーションをつけなくても肌が綺麗と褒められる美肌に導く化粧品だけを選りすぐりました。
どれも実際に管理人が使用し、詳細ページではレビューの掲載もしているのでチェックしてみてくださいね。

 

敏感肌専門ブランド『decencia』のAyanasu(アヤナス)

Ayanasu(アヤナス)は敏感肌でもエイジングケアが出来る化粧品として、様々な特許技術を持った化粧品です。

 

バイタサイクルベールという疑似バリア機能で敏感肌を外部刺激から守り、炎症を抑えつつ、浸透した美容成分で美肌を目指すことが出来ます。

 

Ayanasuはアンチエイジングに特化したものですが、同シリーズで美肌に特化した「サエル」と、超保湿「つつむ」があり、人気読者モデルや美魔女も愛用しています。

 

 

オーガニックコスメブランド『HANA-organic(ハナオーガニック)』

HANA-organicはブランド名の通り、オーガニック素材を使った化粧品で、しかも水も一切使用していない100%オーガニックにこだわった化粧品なんです。

 

水の代わりに花精油を使っているのでHANA-organicの化粧品を手に取ると濃厚で自然な草花の香りがします。

 

特にHANA-organicで使用されているものなかでこだわりがあるのは薔薇で、ブルガリア産の最高級ダマスクローズを使用しています。
薔薇の香りは女性ホルモンのバランスを整えてくれる効能があると言われていて、内側から綺麗にしてくれる化粧品です。

 

美人百科ANECANなどでも紹介され、モデルの美香さんやあゆみさんがお気に入りコスメとしてHANA-organicの化粧品を紹介していました。

 

 

芸能人愛用者が多い乾燥肌の方のためのKOSEの『米肌MAIHADA』

米肌MAIHADAは肌トラブルの根源である乾燥を改善すると唯一認められた美容成分ライスパワーNo.11をたっぷりと配合しています。

 

一時的に肌の水分量を増やすのではなく、肌本来が持っている潤いを保つ能力を改善する効果が唯一認められた成分なので、肌力を上げたいノーファンデ派の方におススメの化粧品と言えます。

 

米肌は発売されてすぐに数々のコスメ大賞を受賞し、雑誌やテレビでも紹介されている人気スキンケア化粧品で、芸能人のブログでも愛用化粧品として頻繁に登場しています。

 

米肌に似たライスフォースという化粧品もありますが、KOSEの米肌では乳化の技術を駆使して両極な水と油の両成分を肌へ導く唯一の成分を独自開発しているので、米肌のほうが効果に期待を持てます。

 

関連ページ

ファンデーションをすると肌が荒れる・老け顔になる理由
ノーファンデメイクをしようと決めた方はすでにファンデーションをすると肌が荒れることや、老け顔になると言われていることをすでに知っているかもしれません。なのでファンデーションを使わずにノーファンデメイクをしようと決めたのだと思いますが、このページではその理由となる根拠や原因を紹介していきます。
ファンデーションを使わないノーファンデメイクのベースの作り方
ノーファンデ派だからといって顔になにも塗らないというわけではなく、ファンデーションの代わりに化粧下地やベビーパウダーを代用します。このページではノーファンデメイクのベースとなる下地とベビーパウダーを使ったメイク方法について紹介していきます。
カミソリ負けしない顔剃りのやり方とおすすめシェーバー
顔のうぶ毛を剃る事によって肌がワントーン明るくなったり、化粧ノリがよくなったりするので、ノーファンデを目指す方には顔剃りを考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、顔剃りでカミソリ負けしてしまうんじゃないかと、余計肌が荒れる原因になってしまう可能性もあります。そこで肌トラブルを避ける方法を紹介します。
ノーファンデメイクでチークを入れると可愛いマシュマロ肌に
ファンデーションを使わないで地肌にチークを塗ると浮くんじゃないの?と思われがちですがそんなことはなく、むしろ透明感のある肌に花が咲いたようなほっぺたを演出することが出来ます。このページではチークで可愛い顔を作る方法を紹介していきます。
ノーファンデメイクでも良い印象を与えるリップの選び方
唇にリップを塗って血色を良く見せる事は、ノーファンデでも身だしなみがきちんとされていると印象を与えることが出来るのでお客さんに会う仕事では特に必須アイテムとなります。このページではノーファンデメイクの時のキレイに見せるリップの色の紹介や、天然由来のリップの紹介をしていきます。
ファンデーションもコンシーラーも使わないニキビを隠すメイク術
毛穴つまりを防ぐためノーファンデにしていても生活習慣やホルモンバランスの影響でニキビが出来てしまうこともあります。しかし隠すためにファンデーションやコンシーラーを使うと逆効果になってしまいます。このページではファンデーションやコンシーラーを一切使わなくてもニキビを隠すメイク術を紹介します。
ファンデーションもコンシーラーも使わないでクマを隠すメイク術
夜更かししてしまったり、疲れがたまったりすると浮き出てくる嫌なクマは、ノーファンデメイクの悩みの種です。もともとクマが気になるからノーファンデメイクに挑戦できないという方もいるほど厄介なもの。このページではノーファンデでも印象よくクマを隠せる方法を紹介していきます。
肌が荒れやすい人におすすめの日焼け止めと紫外線対策
肌の弱い敏感肌は日焼けをすると肌が真っ赤に炎症し、赤みがなかなか引かない上にピリピリと痛んで肌荒れも起こしてしまうんですよね。だけど紫外線対策と日焼け止めを使っても肌が荒れてしまってどうしようもなかったりしますよね。このページではそんな肌の弱い人におすすめの日焼け止めと紫外線対策について紹介していきます。
あぶら取り紙ってよくないの?あぶらの取りすぎで起きるトラブル
お化粧直しの必需品として人気のあるあぶら取り紙ですが、美容に詳しい方はあぶら取り紙はよくないと口を揃えて言います。なぜならあぶらを取ってもまた出てきてしまうから。あぶらが出てくる理由は肌が乾燥してくると表面を皮脂で覆って保護をしようとしているのです。