ノーファンデメイクは隠さず自分の魅力を引き立てるもの

 

 

メイクはなんのためにするものなのでしょうか?

 

社会人マナーとしての一面もあるので身支度として、シミやクマなど見せられないものを隠す目的として使われる方が多いのではないでしょうか?

 

気になるものを全部隠すという考えではノーファンデにはなりにくいと思います。

 

メイクはまず自分をポジティブにするための身支度であり、自分のチャームポイントを引き立てて健やかな女性として演出するためのものなんです。

 

なのでノーファンデに挑戦するなら自分のチャームポイントを分析し、それに合ったメイクをすると本来の魅力が引き立ちます。

 

例えば、瞳が印象的な方は目の周りに透明感をもたせ、その透明感を補助するような色のチークと控えめなリップを塗ることでより魅力が引き立たされます。

 

ふっくらとした頬が印象的な方であれば、健やかな肌艶をより一層際立たせるベースメイクに、お顔の骨格を生かしたハイライトやチークをほんの少し足すだけで十分です。

 

しみや吹き出物、しわ、くすみなどの隠したいものは、このように長所をクローズアップすることで印象を弱めることが出来るのです。

 

このカテゴリーでは短所を隠さずにも見栄えがよくなるノーファンデメイクのテクニックを紹介しています。

ノーファンデのメイク術記事一覧

ノーファンデメイクをしようと決めた方はすでにファンデーションをすると肌が荒れることや、老け顔になると言われていることをすでに知っているかもしれません。なのでファンデーションを使わずにノーファンデメイクをしようと決めたのだと思いますが、このページではその理由となる根拠や原因を紹介していきます。ファンデーションに含まれる「シリコン」が肌荒れの原因ファンデーションをすることで肌の衰えが進んでしまい、肌が...


ノーファンデ派だからといって顔になにも塗らないというわけではなく、ファンデーションの代わりに化粧下地やベビーパウダーを代用します。このページではノーファンデメイクのベースとなる下地とベビーパウダーを使ったメイク方法について紹介していきます。ノーファンデメイクでも日焼け止め(UV付き化粧下地)は絶対塗りましょう正直言うとファンデーションの負担よりも紫外線からの影響の方が肌に与えるダメージは強いので、...


顔のうぶ毛を剃る事によって肌がワントーン明るくなったり、化粧ノリがよくなったりするので、ノーファンデを目指す方には顔剃りを考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、顔剃りでカミソリ負けしてしまうんじゃないかと、余計肌が荒れる原因になってしまう可能性もあります。そこで正しい剃り方で肌トラブルを避ける方法を紹介します。顔剃りは肌へのダメージが大きい?うぶ毛によって顔がくすんで見えたり、フ...


ファンデーションを使わないで地肌にチークを塗ると浮くんじゃないの?と思われがちですがそんなことはなく、むしろ透明感のある肌に花が咲いたようなほっぺたを演出することが出来ます。このページではチークで可愛い顔を作る方法を紹介していきます。チークをする前は化粧下地で肌を守ってファンデーションと同様にチークにも肌を刺激する成分が含まれているので、肌を守ってくれる化粧下地は必ずしましょう。化粧下地はコスメの...


唇にリップを塗って血色を良く見せる事は、ノーファンデでも身だしなみがきちんとされていると印象を与えることが出来るのでお客さんに会う仕事では特に必須アイテムとなります。ですが、ノーファンデになった自分の肌色を考えないとリップを入れた時に顔色が悪い印象を与えてしまうこともあります。このページではノーファンデメイクの時のキレイに見せるリップの色の紹介や、天然由来のリップの紹介をしていきます。肌色別、キレ...


ノーファンデになればファンデーションによる毛穴詰まりがなくなるので、それを原因とするニキビは出来にくくなります。しかし、生理前の女性ホルモンの分泌に影響した大人ニキビの発生や、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れなどの原因でニキビが出来てしまうこともあります。その時に、ニキビを隠さなければならないからと言ってファンデーションを厚塗りしたり、コンシーラーを使ったりしてしまうと逆効果になってしまいます。し...


夜更かししてしまったり、疲れがたまったりすると浮き出てくる嫌なクマは、ノーファンデメイクの悩みの種です。もともとクマが気になるからノーファンデメイクに挑戦できないという方もいるほど厄介なもの。ですがノーファンデでも印象よくクマを隠せる方法がいくつかあるので、このページで紹介していきます。サングラスやカラーレンズでクマを隠す一番手軽なクマ隠し方法は色の入った眼鏡やサングラスをかけて目元をカバーする方...


肌の弱い敏感肌は日焼けをすると肌が真っ赤に炎症し、赤みがなかなか引かない上にピリピリと痛んで肌荒れを起こしてしまうんですよね。だけど紫外線対策としてSPF50、PA++++の紫外線防止をする力が高い日焼け止めを使ってしまうと塗った瞬間ピリピリと肌が荒れてしまってどうしようもなかったりしますよね。最大の数値じゃないSPF25、PA++の日焼け止めでもそう感じてしまう人も中にはいることでしょう。このペ...


お化粧直しの必需品として人気のあるあぶら取り紙ですが、美容に詳しい方はあぶら取り紙はよくないと口を揃えて言います。なぜならあぶらを取ってもまた出てきてしまうから。あぶらが出てくる理由は肌が乾燥してくると表面を皮脂で覆って保護をしようとするのです。あぶらは肌を外部刺激や、内部の水分が蒸発しないようにしてくれるいわゆるバリア機能をもったものなんです。そのあぶらを水分補給もせずに皮脂だけを取ってしまった...


体内の水分量は年齢とともに減少していきます。だからこそ大人のスキンケアにおいては「保湿」を心がける必要があるのですが、メイク用品を選ぶうえでも「水」を意識するようにしましょう。30歳を過ぎたらパウダリーファンデーションはいらないただでさえつや感がなくなってくるのに、わざわざつやを消すマットな質感を求める必要はありません。なので30歳をすぎたらパウダりーファンデーションは不要で、その代わりにリキッド...